アコムから過払い金返還するには

過払い金の返還請求に関する“アコム情報”

2010年、武富士が倒産したことにより業界1位となった「アコム」。芸能人を起用したCMや宇宙人をモデルにしたユニークなイメージキャラクターがブームとなりました。「ラララ無人くん」のフレーズなど聞き覚えのあるフレーズではないでしょうか。

過払い金の返還請求で最も重要となる利息についてですが、アコムの場合、2007年まで年利が24%や29.2%に設定されていました。これは紛れもなく利息制限法を越えた金利です。それ以降は貸金業法の取締も厳しくなり現在は年利18%に落ち着いています。

ということは、2007年より前にアコムから借入した人は過払い金が発生している可能性が高いといえます。アコムに取引履歴を請求して利息の引き直し計算をすれば過払い金をチェックすることが可能です。

Check 1 取引経過の開示請求に関するアコムの対応

取引履歴の開示は契約者本人の請求であってもOK。手続きは簡単で、アコムの窓口に問い合わせれば開示請求までの段取りを担当者が説明します。請求してから最短で3日、通常であれば1週間後~10日前後には指定した住所に配達されます。

Check 2 過払い金の返還請求に関するアコムの対応

契約者本人の請求に応じる可能性は限りなくゼロに近いです。弁護士や司法書士が代理となって請求しなければ、過払い金の返還請求における手続きが開始されることはほとんどありません。

Check 3 過払い金の返還訴訟に関するアコムの対応

契約者本人が訴訟を起こすと解決が長引く傾向にあります。一方、弁護士や司法書士が代理となって過払い金返還の訴訟を起こした場合、基本的には裁判所の判定が出る前に和解を要求してくるケースが多いようです。過払い金の金額が多ければ元金の7割~10割を提示します。

過払い金が元金の額を下回っていれば請求額に対して8割ほどで和解を要求してくることもあるようです。振込日(返金)までの利息も加算して対応するなど、弁護士や司法書士の仲介によって大幅な回収が見込める消費者金融といえるでしょう。

Check 4 総合的に見たアコムの対応

さすがは大手ということもあり対応はしっかりしています。ですが問題は、契約者本人の要求には応じる可能性が低いということ。弁護士や司法書士の代理を要求する傾向が強いようです。

案件(過払い金の規模)によってはスムーズに和解交渉に応じる姿勢を見せるほど丁寧な対応。和解後の過払い金の振込に関しても、指定日よりも早い期日で入金するケースが多く確認されています。

しっかりとした知識とノウハウがあれば契約者本人でも過払い金を請求することは十分に考えられますが、確実性や効率、効果を求めるのであれば弁護士や司法書士の協力が不可欠という結果になります。

借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理の実績豊富な専門家

樋口総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方に最善の解決策をご提案致します。ご相談者のために親身になって借金解決をサポートいたしますのでご安心ください。

メールで無料相談

事務所詳細

しおり綜合法務事務所
借金で苦しまれている方は大勢います。借金問題の専門家である女性司法書士が熱意を持って借金解決のご提案をいたします。ご相談は無料です。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、借金のお悩みを相談してみませんか?無料で安心して相談できる弁護士を紹介しています。1都3県対応、数多くの実績がある弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ