債務整理に関する用語集

リボ払い(りぼばらい)

リボ払いとは、利用した金額に関係なく毎月決まった金額を返済していく方法のことを言います。
返済する金額は、残高に関係なく一定のものもあれば残高に応じて変化していくものもあり、さらに、元本の支払額は一定だけれども都度利息は変わっていくものもあります。
他には、返済比率を決めて残高によって変化する支払方法もあり、いくつか支払方法のあるリボ払いは、クレジットカードのショッピング支払い利用されるほか、多くのキャッシングでも利用されている返済方法です。
リボ払いは、利用している側から見ると買い物の金額やキャッシングの金額が多くなっても翌月の返済額は買わないので利用しやすいのは事実ですが、気がつけば残額が増えていることに気づかないことも多いのです。
そのため、いつまでも支払いが続いていく場合があり、また、すべての明細が一緒になって請求が続くため、自分でどの明細の分の支払いをしているのかわかりづらいというデメリットもあるのです。
リボ払いは、使えば使うほど返済期間が長くなるため、当然支払う利息が多くなることもあり、自社の利益となるリボ払いは多くのカード会社が導入し利用を促しています。
今は買った時やキャッシングした時に一括払いを選択しても、電話やインターネットで簡単にリボ払いに変更ができる環境になっています。
ただし、同時に余裕のある時には多めに支払うという手続きができるところもありますので、うまく利用していくこと大事になります。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

まずは、借金のお悩みを相談してみませんか?無料で安心して相談できる弁護士を紹介しています。1都3県対応、数多くの実績がある弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ